社会福祉士になるには国家資格が必要です!

必要な能力を知っておこう

社会福祉士にはどんな能力が求められると思いますか?必要となるスキルを確認しておく事で、努力の方法も変化してくる事でしょう。以下ではランキング形式で、備えておきたい力を紹介していきます。

社会福祉士に求められる能力BEST3

no.1

意思疎通を図る力

社会福祉士は相談者との意思疎通を図るのは勿論の事、その他一緒に働くスタッフたちと連携して働いていける力が重要となります。そのため人と会話をしつつ、協力し合う事ができる人材が求められているのです。

no.2

判断する力

周囲の状況を把握し、今何が起こっていて、何をするべきなのかを判断する力が必要です。特にサポートする方の異変にいち早く気付き、対応できる力があると良いでしょう。

no.3

トラブルを対処する力

現場では様々な問題が発生してしまう事があります。そのため、冷静に問題と向き合い対処できるスキルが必要でしょう。専門的な知識と経験を活かし、最適な策を考えられる事が重要です。

社会福祉士になるには国家資格が必要です!

女の人

国家資格が必須

社会福祉士になりたいのなら、どのような試験に合格する必要があるのか確認する必要があるでしょう。介護のお仕事の内容によっては、資格が求められない場合もあります。しかし「社会福祉士」として働くためには、国家資格を持っている事が求められるのです。

資格を取るには

資格を取る方法は様々となっています。例えば大学で社会福祉士に関する学業を修了させる事で、国家資格を受験する事が可能となりますよ。短大で福祉の勉強をした方も、実務経験が伴っている事で受験が可能となるでしょう。

専門学校を利用して

国家資格受ける道は複数ありますから、ご自身の状況に合わせて最適なものを考えていくようにしてください。例えば現在福祉系の大学に通っていないという方でも、社会福祉士になる為のサポートを受けられる新潟の専門学校に通うことで、国家資格取得を目指す事ができますよ。

努力しましょう

試験に合格するするには、多くの努力が必要となります。福祉の事は勿論、医学的な教養も必要となってきますよ。知識を備える事も重要ですが、現場で実際に働く事が出来る事もポイントとなります。社会福祉士を目指すのであれば、勉強と経験が必要になるのです。

広告募集中